当院は一般皮膚科診療を行っている保険取扱医療機関です。
各種健康保険が適応となりますため保険証をお持ちください。

  • 新生児からお年寄りまで 家族でかかれるホームドクター
    安心できる地域のかかかりつけ医
    皮膚科専門医17年の豊富な知識と経験

臨床経験を積んだ医師があらゆる皮膚疾患に対応いたします。

乳児湿疹・乳児アトピー性皮膚炎

赤ちゃんの肌は非常にデリケートです。刺激に敏感で、肌トラブルを起こしがちです。
特に1歳未満の赤ちゃんに多くみられる乳児湿疹について、特徴や予防方法、対処方法などを解説します。

《乳児湿疹とは?》

生後2~3週間から数か月までの赤ちゃんの肌にできる湿疹を総称して乳児湿疹と呼びます。
その中には顔や頭に、かさぶたのようなものができる脂漏性皮膚炎やおむつかぶれ、あせも、新生児にき び、アレルギーによるものなどがあります。

《アトピー性皮膚炎とは?》

年齢によって症状を変えた特徴的な湿疹ができ、良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。
乳幼児の場合は特に顔や頭部に湿疹がみられます。
なぜ発症するのかについては分かっていないことが多くありますが、フィラグリン遺伝子という遺伝子が発症に関与していると言われています。
アレルギー体質であったり、家族に喘息・アレルギー性鼻炎・アトピー性皮膚炎などのアレルギーを持つ方がいると、発症しやすいことが知られています。

《乳児湿疹とアトピー性皮膚炎の違い》

乳児湿疹の中でも脂漏性皮膚炎とアトピー性皮膚炎は湿疹ができる場所や症状が似ていることもありますが、経過をみていけば判断できます。
脂漏性皮膚炎の場合は、多くが1~2か月で自然に良くなる一方で、アトピー性皮膚炎の場合は良くなったり悪くなったりを繰り返す特徴があります。
赤ちゃんの湿疹が2か月以上良くならない場合や、患部を掻いたりしている場合は皮膚科を受診するようにして下さい。

《乳児湿疹の予防方法》

​赤ちゃんの皮膚は大人に比べて薄く、外部からの刺激に対しても弱い状態です。
乳児湿疹の予防方法とし ては、日ごろから肌を清潔に保ち、乾燥させないことが大切です。
赤ちゃんの皮膚トラブルはとても良くあるものです。
悪化してしまうと、とびひ(伝染性膿痂疹)や、痒みで赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまったりします。
心配なことがあれば、皮膚科を気軽に受診してください。かかりつけのクリニックを持つことは大切です。

  • ・保湿にはベビーローションやベビーオイル、ワセリンなどを使用しましょう。
    予防していても湿疹ができてしまうことはあるため、その場合は石鹸を泡立てて患部をやさしく洗い、清潔なタオル で抑えるようにして水分をふき取り、保湿をします。
    洗うときも拭くときも、赤ちゃんの肌を擦らないように注意してください。
  • ・肌のケアと同時に、湿疹のできている部分が服の縫い目やタグにこすれていないか、汗をかく場所の湿疹が悪化していないか、柔軟剤を変えてからの変化はないかなど、赤ちゃんの周囲の環境を見直し、刺激になるものは極力避けるようにしましょう。
  • ・脂漏性皮膚炎の場合、かさぶたのようなものが頭や顔にできることがあります。これを無理にはがすと症状が悪化する可能性もあります。
    ベビーオイルやオリーブオイルなどをしみ込ませたコットンやガーゼを30分程度患部にあててやわらかくしてから入浴し、自然に取れなければ皮膚炎の可能性があるため皮膚科を受診してください。
    赤ちゃんの皮膚トラブルはとても良くあるものです。
    悪化してしまうと、とびひ(伝染性膿痂疹)や、痒みで赤ちゃんの機嫌が悪くなってしまったりします。
    心配なことがあれば、皮膚科を気軽に受診してください。かかりつけのクリニックを持つことは大切です。

アトピー性皮膚炎

《アトピー性皮膚炎とは?》

強い痒みを特徴とする長年に渡り寛解と増悪を繰り返す慢性皮膚炎です。
強い痒みがあるため掻き傷が多く見られ、増悪すると夜間睡眠を妨げられることもあります。
慢性的ではあるが、適切な治療をきちんと受ければ、治ったと同様の状態になることが期待されます

アトピー性皮膚炎の特徴

・かゆみのある湿疹
・よくなったり悪くなったりを繰り返す
・アトピー素因を持つ

症状は、年齢によって症状が変化します。
アトピー性皮膚炎の多くは乳幼児期に発症し、成長とともに治っていく傾向があります。
しかし、大人になるまで続くことや、一度治った人が再発することもあり、再発した場合は治りにくいといわれています。
また、年齢に応じて症状の傾向が変化し、乳児期は頭や顔に多く、幼児期にかけてだんだんと体や下肢に広がり、特に関節部分に湿疹ができやすく、皮膚の乾燥が目立つようになります。

症状の変化

・乳児期:
湿潤傾向の強い鮮紅色斑で始まり、頭や顔、首などから体幹、四肢へ拡大。
乳児では2ヶ月以上、幼児~成人は6ヶ月以上症状が続くと、アトピー性皮膚炎と診断される。

・小児期:
鮮紅色調は薄れ、乾燥傾向や毛孔性角化、ひこう様落屑などが目立つ様になる。
時に貨幣状湿疹様局面、痒疹結節など散在性皮疹の多発をみる。
慢性に経過し、完成された病巣では苔癬化が著明である。
痒みがあり、ときに発作的。
皮疹は、季節により症状の変化が大きく、増悪と軽快を繰り返すことが多い。
多くは思春期前に軽快する。

・思春期~青年期:
顔や胸、背中、ひじなど上半身に湿疹ができやすくなる

・成人期
症状は重く、顔面に好発しやすい。

《原因》

体質的な要因に環境的な要因が重なって起こる多因子性です。
①体質的な要因
アトピー素因(アレルギーに関係するIgE抗体を作り出しやすい体質)や皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)。
アトピー素因とは、別に皮膚そのものが刺激を受けやすいという特徴もある。

②環境的な要因
アレルギー症状を起こす物質(アレルゲン)や皮膚への外部刺激など。
アレルゲン以外の刺激(汗、衣類による摩擦、乾燥、ひっかき傷、日用品など)。
その他、寝不足、過労、ストレスなど。

《治療》

症状の部位や、重症度に応じて保湿薬、ステロイド外用剤、痒み止めの内服、免疫調整薬などを使用する。
いかに皮膚の状態を悪化させず、日々の生活に師匠がない程度に維持していくかが治療のポイントとなります。
より良い状態を保つために、スキンケアや、外用剤の塗り方の指導をし、長期ステロイド外用による副作用を起さないようにします。

蕁麻疹

《蕁麻疹とは?》

真皮上層の一過性の浮腫を生じる疾患を蕁麻疹と言います。
皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡かたなく消えてしまうのが特徴です。
粘膜の深部に浮腫が見られる場合には、​血管性浮腫​と呼ばれます。
症状としては、数十分から1日続くことや、新しい膨疹が現れ常に発疹が出ているということもあります。
大きさは1~2mmから数十cmのもの、それぞれが融合して体表をほとんど覆ってしまうこともあります。
経過により2種類に分類されます。

①1急性蕁麻疹
最初の症状が出始めてから1ヵ月以内におさまるもの。アレルギー機序が多いとされているが、原因が特定されないことが多い。

②慢性蕁麻疹
1ヶ月以上に渡って反復するもの。
原因は食べ物や薬、細菌やウイルスに感染すること、暑さや寒さなどの物理的刺激、発汗、ストレスなどさまざま。
原因が明らかでない特発性のじんましんもあるが、多くの場合、疲労やストレスなどの因子が症状を悪化させる。

《原因》

大きく分類すると2つに分類されます。
①アレルギー性
蕁麻疹の原因として最も良く知られているのは「I型(即時型)アレルギー」と呼ばれる反応。
特定の食品を食べると蕁麻疹が出るのは、アレルギー性じんましんの特徴の一つで、食べ物などに含まれているアレルゲンとなる物質を摂取すると、数分あるいは数時間後に強い痒みを伴った発疹が現る。
その一方で、青魚や肉類、野菜類などで起こる蕁麻疹はアレルギー性の場合もあるが、食品に含まれるヒスタミンやそれを遊離しやすい成分が含まれていることによって起こることもあり、その日の体調などによって症状が出ないこともある。
食べ方や量、消化管からの吸収のされ方などに大きく影響を受けるため、検査では原因を明らかにする事ができない。

②非アレルギー性
物理的な刺激で起こる蕁麻疹。
機械性蕁麻疹(圧迫や摩擦、傷で出るもの)や寒冷蕁麻疹(寒冷刺激)、日光蕁麻疹(日光暴露)や接触性蕁麻疹(何らかの物質への接触)がある。
数週間繰り返し毎日じんましんが現れる場合は、食物などが原因となっている可能性は低い。

《治療方法》

原因がわかっていればそれを取り除くことが重要となります。
しかし、原因不明のことも多く、抗ヒスタミン薬の内服が有効とされています。
重症な場合は、一時的に副腎皮質ステロイド薬の内服や注射を行うこともあります。
ヒスタミンの作用を抑える薬を内服すると眠気が発現したり、注意力や集中力が散漫になることがあるため抵抗がある方も多いですが、それらの副作用が比較的少ない薬剤もあるため、医師へご相談下さい。

熱傷

《熱傷とは?》

熱傷とは、熱による皮膚や粘膜の障害のことです。
日常でよくある外傷のひとつです。原因には、熱湯や暖房機器の温風、アイロン、炊飯器の蒸気など様々である。
比較的低音の湯たんぽやカイロといった物でも熱傷を引き起こすことがあるため注意が必要である。
他にも、化学薬品や感電、落雷などによる特殊な熱傷もある。

《治療》

熱傷した場合にすぐにすることは、重症でない局部の場合はとにかく流水でまずは冷やします。
衣服を着ている場合は、あわてて衣服を脱がせると熱の作用が持続してより深い火傷になったり、水疱が破れて、痛みが強くなったり、治るのに時間がかかってしまうため注意して下さい。
水疱ができた時は、水疱を潰さないで下さい。
水疱を潰すと皮膚の真皮が露わになり、皮膚再生が遅くなったり細菌が入り込んで感染症を起こしたりする 恐れがあります。
また、火傷の痕も残りやすくなってしまします。
熱傷は時間が経って傷が出来てからでは治療が難しいため、なるべく早く受診をして下さい。
クリニックでは、炎症や痛みを止める飲み薬や付け薬を処方します。
その後、傷痕ができないようにする治療をしていきます。
医師の診察を受けるまでは、自分の判断で軟膏や油など一切つけないようにして下さい。
使用した薬剤によっては、症状を悪化させてしまい、治療が難航し、傷跡が残る原因となってしまいます。
また、熱傷後に市販のキズパワーパッドを貼ってこられる方が大変多いですが、傷はなんでもキズパワーパッドを貼れば良いわけではありません。
熱傷後は皮膚が剥がれやすくなっていてキズパワーパッドを貼ることにより剥がれてしまうと、傷痕が残りやすくなったり、痛くなってしまいます。
キズパワーパッドは、バイ菌の入っていない状態で、包丁で皮膚をそぎ切ってしまった時の傷のような時に は最適です。

掌蹠多汗症(手足の多汗)

多汗症には、全身性多汗症と局所性多汗症があります。 全身性多汗症のは原因不明のものと、感染症や内分泌異常、代謝異常、悪性腫瘍に続発するものがあります。
局所性多汗症には、掌蹠多汗症、腋窩多汗症、顔面多汗症などがあります。
暑さで汗が出るのは生理的なものですが、局所的に過剰に汗をかいてしまい日常生活に困るという病気があります。

《掌蹠多汗症とは?》

掌蹠多汗症は、手のひら、足の裏に限局して発症する多汗症のことを言います。
今まで手足のに多量の汗をかいても、生理的な現象でありしょうがないと悩んでいる方も多いです。

以下の6項目中に、2項目以上に当てはまり、局所的に過剰な発汗が明らかな原因がないまま6ヶ月間 認められることで診断されます。
①左右対称性である。
②日常生活に不都合が生じる。
③少なくとも1回/週以上の多汗のエピソードがある。
④初発年齢は25歳以下である。
⑤家族歴がある。
⑥睡眠中の発汗は止まっている。

《掌蹠多汗症の治療

掌蹠多汗症の治療薬として、塩化アルミニウム ベンザルコニウム液 (塩化アルミニウム外用療法)があります。
塩化アルミニウム液は、汗管(汗を出す管)の細胞に作用し、この管を閉塞させることで発汗が減少するといわれています。
★塩化アルミニウム ベンザルコニウム液 ​(自費治療):30ml 2,000円(税抜き)

●塩化アルミニウム ベンザルコニウム液使用方法
・効果が現れるまでには、約2~3週間かかります。
・朝と寝る前に、石鹸で手・足を洗い、十分に汗を落としてから保湿剤の後に外用して下さい。
 刺激が強いので朝起きたら石鹸で洗い流してください(指間・手首なども忘れずに)。
・効果が現れるまで毎日使用して下さい。 効果が現れたら2日に1回から、3日に1回と徐々に使用の間隔を開けて使用を継続します。
・効果が不十分な場合は、寝る前に手を石鹸でよく洗い、汗を落としてから綿手袋をつけます。
 綿手袋に塩化アルミニウムを浸し、その上からゴム手袋をして寝ます。朝はよく洗い流して下さい。
・外用液による皮膚炎が生じた際は、ステロイド外用薬(保険診療)を塗ることも有効ですので、一旦外用薬の使用をやめてご相談ください。
 予防のために、外用前に保湿剤を使用して下さい

頭皮のトラブル(円形脱毛症、脂漏性皮膚炎など)

頭皮や髪の毛のトラブルは皮膚科にお任せください。
「抜け毛で病院に行っていいのか?」「頭皮のトラブルを見てもらえるのか?」と、人に相談しにくい悩みでもあり、何科を受診していいか分からず一人で悩んでいる方も多く見うけられます。
近年では、抜け毛の悩みは男性だけでなく女性にも増えています。
少しでも不安なことがあれば、お気軽に一度ご相談下さい。

《髪の毛について》

髪の毛について、基本をおさらいしてみましょう。 髪の毛は頭の皮膚から生えてきて、どんどん伸び、人間の髪の毛は1〜1.5mくらいになると抜け落ちてしまいます。
そしてまた同じところから生えてきます。これを毛周期(ヘアサイクル)といいます。
毛周期(ヘアサイクル)は、髪の毛、まつ毛、眉毛、体毛とそれぞれの場所で異なります。
毛周期(ヘアサイクル)は、3つの段階で表します


①成長期:どんどん伸びている時期。全体の約90%。
②退行期:伸びるのが止まって抜け落ちる時期。全体の約1%。
③休止期:皮膚の中で次に生える準備をしている時期。全体の約10%。
退行期はほんの数日程度で、それを挟んで成長期と休止期を繰り返しています。

《美しい髪の毛をキープするには?》

チューリップに例えて説明みます。
球根が毛根、茎とか花が髪の毛、チューリップが植わっている土が皮膚だと想像してみてください。
チューリップがぐんぐん伸びて立派な花を咲かせるためには、土が大切になります。
土の上に出ている茎や花にどんなことをしても、状態はよくなりません。
土を健やかにすることで、しっかりとしたチューリップが育つわけです。
そのため髪の毛の治療は皮膚科でということなのです。

《特に多い頭皮のトラブルは?》

髪の毛のトラブルで特に多いのは​脱毛症​と​脂漏性皮膚炎​です。
その他に、シラミ症や​頭部乾癬、頭の中のデキモノ(脂腺母斑・アテロームなど) などがあります。
内服・外用・液体窒素療法などで治療します。ご希望の方へは、自費治療もあります。
太くて健康な髪にしたい方のための、自宅で気軽にできる医療機関専売品のホームケア用品も当院で取り 扱っております

★薬用HGドクターズヘアケアシリーズ(発毛促進、脱毛予防、白髪改善)​

  • ・HARGシャンプー:5,800円(税抜)
    ・HARGコンディショナー:5,800円(税抜)
    ・HARG育毛ローション:8,800円(税抜)

アテローム(粉瘤)

《アテローム(粉瘤)とは?》

アテローム(粉瘤)は、表皮性の良性腫瘍と言われており、皮膚の内側に袋状の穴が形成され、皮膚の内 部に角質(垢や皮脂などの老廃物)がたまることによってできます。
本来剥がれ落ちるはずだった老廃物がその袋に入りこんだものと言えます。
ほとんどの粉瘤の原因は現状ではわかっていませんが、まれに外傷が原因になることがあります。
他のできもの(脂肪の塊など)やニキビと間違え特に気にしないまま放置しており、急に炎症や化膿が起きてから気づく場合も多くあります。
粉瘤は自然治癒しません。

《アテローム(粉瘤)の症状》

・初期段階
皮膚の下にしこりが見られる程度で、皮膚表面上には症状が現れないことが多いため、自覚症状はほとんどありません。
初めは非常に小さい袋ですが、切開や圧迫をしない限り、角質は袋の外には出ないため、どんどん溜まっていき、それに伴いアテローム(粉瘤)も少しずつ大きくなっていきます。
・炎症の危険性
アテローム(粉瘤)には小さな穴が開いていて、そこに細菌が入り込むと感染を引き起こしてしまいます。
炎症を起こしたアテローム(粉瘤)は、赤みや腫れ、痛みなどの症状が伴います。
二次感染したした場合は、切開し排膿の処置が必要な場合もあります。

《アテローム(粉瘤)の治療》

・症状がない場合
特に症状がなければ、処置をしないこともあります。
・感染を引き起こし膿んだ場合
圧迫や切開して排膿する処置をします。
抗生物質の内服薬を処方し、数日間服用して炎症を抑えます。
・何度も炎症を繰り返す場合や大きくなる場合
炎症が落ち着いた時に手術にて摘除をします。
自然治癒せず、少しずつ大きくなっていくため、小さいうちに摘除することで、傷も最小限にすることができます。

肥厚性瘢痕、ケロイド

傷跡が盛り上がる病変で、治療できないと思い悩んでいる方も多く見られます。
難治で再発性ではありますが、治療することができます。 小さな傷でも悩んでいる方は、一度診察へお越し下さい。

《肥厚性瘢痕、ケロイドとは?》

手術や怪我などの傷が治る過程において原因不明の炎症が持続することにより、結合組織の増殖による病変です。
ケロイドと肥厚性瘢痕の違いは以下となります。
♦肥厚性瘢痕:元の傷に一致する場合。
♦ケロイド:元の傷を越えて腫瘍せいに肥大・隆起するもの。

《肥厚性瘢痕、ケロイドの原因》

原因は不明ですが、体質的な要素が強く、誘因は傷です。
・肥厚性瘢痕は
遺伝傾向はほとんどなく、臨床的に高血圧症の人には肥厚性瘢痕ができやすく、神経障害部位には 肥厚性瘢痕が生じにくい傾向があります。
全ての年代で発症します。

・ケロイドは
黒人や黄色人種に発生しやすく、白人はなりにくいと言われてます。
また、家系内発生の事例も多く、遺伝素因(ケロイド体質)もあると言われています。
特に30歳未満の人に生じやすく、男女差はありませんが、妊娠は増悪因子といわれています。

《治療》

ステロイド外用剤の密封塗布(ODT)や、ステロイド局所注射療法があります。
外科的切除という方法もありますが、切除後に切除した傷に再び症状が再燃する可能性があります。

ヘルペス・帯状疱疹

ウイルス性の感染症は多数存在しますが、ここでは皮膚科でよく見られる2つについて紹介します。

単純疱疹(単純ヘルペス)

《単純疱疹(単純ヘルペス)とは?》

単純ヘルペスウイルス1型または2型による感染症です。
1型は口唇ヘルペスや単純ヘルペス角膜炎、2型は性器ヘルペスの原因になることが多いですが、ともに体の 広範囲に感染することもあります。
ヘルペスウイルスは感染すると症状が治まった後も体内に潜み続け、体の抵抗力が落ちると再び暴れ出すため、再発を繰り返すという特徴がある。

《単純疱疹(単純ヘルペス)の症状》

初感染(以前ヘルペスウイルスに感染し、抗体を持っているものが初めて症状を表したことを指す)の多くは無症状と言われています。
既にウイルスに対して免疫が出来ているため軽症になります。
初感染後は、ウイルスは神経節に潜伏感染し、様々な刺激や細胞の免疫低下などで増殖し、皮膚・粘膜に水疱を生じます

《口唇ヘルペスについて》

単純疱疹(単純ヘルペス)の中で一番頻度の高い感染症です。
年に数回再発するものが多く、口唇の外傷やストレス、発熱、ストレス、疲労などが誘因と言われています。
大部分は再発性であるが、初感染の時は症状が重いです。
治療は、抗ウイルス薬の内服が有効とされています。前駆症状があればすぐに内服すると症状は速やかに落ち着くが、再発を防止することは難しいとされています。
再発抑制療法は有効な治療ですが、保険適応でないため、バルトレックスを自費で販売しております
(性器ヘルペスは、年に6回以上の場合は保険適応です)。
バラシクロビル 10錠2,500円

帯状疱疹

《帯状疱疹とは?》

水痘-帯状疱疹ウイルスによる感染症で、初感染では水痘となります。
その際に水痘-帯状疱疹ウイルスは神経節に潜伏感染し、免疫低下に伴ってウイルスが活性し、通常は一度だけ帯状疱疹となります。

《帯状疱疹の症状》

初めは神経痛として始まることが多く、数日から1週間続きます。 通常は片側性で神経分布領域に一致します。
やがて虫さされのような浮腫性の紅斑が出現します。
この時、軽度の発熱やリンパ節腫脹、頭痛などの全身 症状がみられることもあります。
紅斑上に小水疱(みずぶくれ)が出現します。水疱の内容は透明から黄色い膿疱となり、6~8日で破れてびらんまたは潰瘍になります。
皮疹の出現後の1週間までは紅斑や水疱が新生し、皮疹部の拡大がみられますが、以後は治癒に向い、約2週間程度でかさぶたとなり、約3週間でかさぶたは脱落して治癒します。

《帯状疱疹の治療》

単純疱疹(単純ヘルペス) 治療は、抗ウイルス薬の内服が有効とされています。
痛みが強い場合は、痛み止めを内服します。
重症なものは、入院治療が必要となる場合もあります。
当院で、帯状疱疹の予防接種受け付けております(要予約)。

  • 03-6453-6955
  • 東京都港区三田5丁目2-18 三田ハウス104
    【診療・受付時間について】
    月・火・金:10:00~13:00/15:00~19:00
    水:10:00~13:00(午前診療のみ)
    土:9:30~13:00/15:00~18:00
    (16時以降の診療はご予約を頂いた方のみ)

    【受付時間】
    月・火・金:午前12:30、午後18:00まで
    水:午前12:30まで(午前診療のみ)
    土:午前12:30まで、午後16:00まで(自費診療は17:00まで)
    (※午前は9:50、午後は14:50、土曜午前は9:20にドアが開きます)
    木曜・日曜は休診致します。
    臨時休診日については当サイトカレンダーをご確認ください。
  • ◆クレジットカードご利用について
    自費診療・物販はクレジットカードでのお支払いが出来ます。
    *保険診療でのご利用は不可
    ご利用金額10,000円からとなります。


    下記のクレジットカードは分割も ご利用可能です(3回~)。
    *下記以外のクレジットカードは一括でのお支払いのみとなります。
  • ♦︎未成年者施術について♦︎
    未成年の方は、未成年同意書が必要です。
    同意書がない方は施術ができなため、お忘れなくご持参下さい。
    【未成年者施術同意書はこちら】
PAGE TOP
お電話でご予約 メールでご予約